一般社団法人 日本販売農業協同団体連合会(略称)日販連

取り組みイメージ
トップ > 取り組み

取り組み

活動内容

運動としての産直 食と農を守る運動 災害復興支援 再生エネルギー 次世代継承 持続的農業 国際連携
事例イメージ

事例紹介


たまご

飼料用米給餌の「穂の香卵」

アメリカではトウモロコシを、ヨーロッパでは小麦を畜産のエサにしています。
「瑞穂の国」日本では米をエサにする取り組みが行われています。
鶏のエサの約7割が輸入トウモロコシで、そのほとんどは遺伝子組換えです。卵は95%が国産ですが、エサは90%以上を輸入に頼っています。将来的にも畜産物を安心して食べられるように、日本の飼料自給率を上げて、畜産農家の経営を守る取り組みが大切です。当会の提案で、茨城県の小幡養鶏ではトウモロコシを飼料用米に替えた「穂の香卵」を生産しています。養鶏農家が生産した鶏糞を飼料用米生産の稲作農家が使用する耕畜連携の地域循環型農業のモデルです。これにより地域に田んぼを田んぼのまま残すことができます。


オーガニック牛肉生産者

有機牛肉(オーガニック・ビーフ)

北海道津別町の5戸の酪農家が農薬や化学肥料を使わず、放牧で育てた日本初の「オーガニック牛乳」の認定を2006年5月25日取得しました。この牛を北海道畜産公社北見工場の協力で、日本で第一号の「有機牛肉」として格付け、販売したのは当会でした。この肉は津別町農協の有機野菜と合わせての「有機カレー」、光食品株式会社の「有機ミートソース」として販売が拡大してきました。フランス料理シェフによってレストランのローストビーフ、煮込みに今後の利用が期待されています。


有機カット野菜

国産加工用原料野菜の産直リレー

2015年より大手もやし会社との提携で国産加工用原料野菜の産直リレーを構築しています。国内の野菜は生鮮としての販売が約4割で残りは加工向けになっています。当会と産直産地が話し合い、「顔が見える」産直野菜でのカット野菜が開発されました。生産者特定、栽培履歴、残留農薬検査などの厳しい基準に基づいた原料野菜を周年産地リレーで供給しています。
さらに日本で第一号の「有機もやし」の開発に合わせて、当会の有機野菜栽培の生産者のマッチングによる「有機カット野菜」も発売しています。


ドライフルーツ

国産ドライフルーツ原料の供給

長野県の菓子製造会社では国産の果実を食味、風味を損なわない独自の製法でドライフルーツにしています。同社との提携で国産果実の加工向け規格を価値ある原料として利用し、コンビニ、スーパーでの人気商品として取り扱われています。現状ではレモン、清見オレンジ、河内晩柑などですが、今後さらにレパートリーの拡大をめざしての研究が同社で行われています。


シフォンケーキ

福祉施設との農福連携の開始

茨城県小幡養鶏で生産する「穂の香卵」が菓子食品の加工に適していると好評です。養鶏場近くの福祉施設では利用者の皆さんが「穂の香卵」をシフォンケーキにして地元スーパーやコンビニで販売しています。


わたしたちの商品

醤油 玄米味噌 納豆 ヤマキフリーズドライ素材 ヤマキフリーズドライ味噌汁 卵スープ なたね油 GNP油 チーズ 冷凍あまおういちご 干し柿 文旦 タマゴプリン シフォンケーキ シフォンケーキ なばな ●● 有機レタス みかんジュース 水出し茶 牛乳 さくらんぼ にんにく 有機赤ピート 牛肉 炒め調理野菜 ざくぎり野菜カレーシチューセット ぴっかりぴん 有機にんにく ●● 木綿豆腐・醤油 炒めもの 有機牛肉ローストビーフ 茶そば 有機加工品 有機野菜

ページのトップへ戻る