一般社団法人 日本販売農業協同団体連合会(略称)日販連

トップ > 取り組み > 食と農を守る運動

食と農を守る運動

農業、いのちとくらし、平和を守ります

国内農業を守る運動に積極的に参加し、いのちとくらし、平和を守ります。

「健康は平和の砦」です。健康を支えるのが食べ物であり、これを生み出すのが農畜産業です。生きた土から生まれる食べ物、「身土不二」の農業、そこから人間の健康がつくられ、平和な社会がつくられます。

食料主権は、自らの食料・農業政策を決定する権利、民族固有の食習慣と食文化にふさわしい食料を得る権利であり、食料を家族経営を基礎に持続的に生産する権利です。

環太平洋経済連携協定(TPP)などの「今だけ、金だけ、自分だけ」の資本の儲けのためではなく、公正・平等な貿易ルールをめざして、人間らしい生き方と明るい未来を展望した食と農のある国づくりに向かいましょう。

ページのトップへ戻る